【キャッスレス決済】PayPayのお得キャンペーン|脆弱性を考察|実は口座登録なしでも利用可能

ミニマリズム


今回は数あるキャッスレス決済の中でも特に愛用している「PayPay」について。

「PayPay」ではお得なキャンペーンが数多く開催されています。
記憶に新しいものだと、2019年7月のランチタイム20%還元。2019年8月のスーパー/百貨店、全品10%還元

そして、国を挙げて行なっているキャッシュレス払いによる5%還元。


使い始めは操作などわずらしいこともあると思いますが、一度カタにはめてしまえば現金の出し入れなどはなく、とてもスムーズな会計が可能になります。


スポンサーリンク

PayPayって危なくないの?|3つの不安と脆弱性について

今までキャッスレス決済に触れたことがない方がまず感じるであろう不安。

「情報は抜き取られないの?」
「乗っ取りや不正利用のリスクがあるのでは」
「携帯を落としたら勝手に使われてしまうのではないだろうか..」

ごもっとなご不安ですし、それくらい慎重な方が本当は良いとすら思います。

ぼくは資産という資産などは全然なく、クレジットカードの限度額もとても低めに設定しているのでリスクよりも「10%も安くなる!」と飛びつくタイプです。

ですが、家族を支えている方やお子様がいらっしゃる方。
多くの資産をお持ちの方は慎重になるに越したことはないと思います。

その為、まずは先に挙げた不安などを1つづつ潰して行ってみようかと思います。


「情報は抜き取られないの?」

今やWeb上にクレジットカードを登録して決済をすることもポピュラーになってきました。
しかし、そこには情報が抜き取られないだろうかという不安も付きまといます。

公共Wifiの使用を避け、暗号化通信などで対策はできますが、そもそもアプリとして「PayPay」は信用できるか。


「PayPay」を開発した企業、「PayPay株式会社」は「ソフトバンク」「ヤフー」より立ち上げられました。

皆さんご存知「ソフトバンク」といえば「au」「Docomo」に並ぶ携帯電話の大手通信キャリアです。
こと「通信」に関してプロフェッショナルなのは間違い無いでしょう。

そして「ヤフー」は検索エンジン「Yahoo!」を運営しています。
日本国内では「Google」とシェアを1、2を争う大手のIT会社です。


その2つがタッグを組んで生み出された電子決済であれば、他社に比べても信用がおけるのでは無いかとぼくは考えます。


乗っ取りや不正利用のリスクは?

いくら「通信」「IT」にプロといえど人為的な事故は0では無いでしょう。
ですが、先に挙げた通り「PayPay」であればそのリスクは今や少ないと思います。


不正利用に関しては、セブンイレブンが独自開発した「7Pay」の報道が皆さんの記憶にも新しいと思います。


「7Pay」に関してはセブン&アイ・ホールディングスが企画・開発をしています。

セブン&アイ・ホールディングスのメイン事業はイトーヨーカドーなどのスーパーマーケット・コンビニエンスストア、セブンイレブンの展開です。

もともとITに特段特化した会社では無い為、セキリュティに脆さがあったのも頷けます。


キャッシュレス決済、電子マネーなどを使う際には開発元について調べてみるのがオススメです。


携帯を落としたら不安…


何を隠そう、ぼくもよく財布や携帯を落とすことがありました。

「電子マネー決済、キャッシュレスなんてまさに落としたら勝手に使われるのでは..」と思われがちですが、ここはその逆だと思います。


現金の入った財布を落とした場合は心無い人に拾われたら最後、きっと有り金を全て使われてしまうでしょう。

そして残念ながらどこで使われたかなどの足もつきにくいです。


しかし電子決済であれば、何時にどこで使われたか。どの場所で支払いが発生したかもわかります。

加えてスマートフォンで決済を行う場合はパスワード入力・顔認証・指紋認証のいずれかが必須となります。

その為、たとえ携帯電話を落とした場合もその場ですぐ使われてしまうということは考えにくいでしょう。

以上のことから落とした場合の危険性は現金の方が高いといえます。
(でも落とさないように気をつけましょう)


PayPayは口座登録が不要!|現金からそのままチャージできる

今度は「メルペイ」「LINE Pay」には無い、「PayPay」の優れた点を1つ挙げたいと思います。

それは現金をそのままチャージできる点です。

「メルペイ」や「LINE Pay」は銀行の口座情報を入力しそこからアプリに入金。
そして支払い。

という流れが一般的です。

※メルペイの残高からのお支払いについては一旦置いておきましょう。



その為、支払いをするには以下2つのハードルを越える必要があります。

①銀行口座を登録
②口座にお金がある状態でアプリへ転送。


やはり不安なので、できることなら口座登録は控えたいという方には「PayPay」が間違いなくオススメです。


セブン銀行(セブンイレブンに設置されている赤いATM)に現金を1000円以上投入すれば、そのままスマートフォンに入金されます。

もちろん手数料も0円なので、口座登録をせずに楽々と残高へチャージ・電子決済が可能になるのです。


お得なキャンペーン

先に挙げた通り、PayPayではお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

この記事を書いている今はUNIQLOのヒートテックが1枚無料になるキャンペーンが実施中。
ちょうどさっき買ってきました 笑

PayPayはUIも優秀で見やすい。

2枚買うと1枚無料になるので、実質1089円分無料ということになりますね。


そして電子決済について
スマートフォンで毎回起動するのが面倒!という方はこちらの記事もぜひご覧ください。

支払い関係のアプリをストレスなくスムーズに起動する方法を公開しております。



以上になりますが
電子マネー・キャッスレス決済、どれから手をつけようかと悩んでいるみなさんは「PayPay」から触れてみるのはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

コメント