【お部屋の環境】自宅で喫茶店気分を味わうには

あきらかのこと

先日、こんなツイートをしました。


「我が家を喫茶店のように居心地がよく、集中できる空間にしたい。」
この想いはちょうどミニマリズムに触れ始めた頃からふつふつと湧きいてきました。


そこで、まずは 喫茶店に行くとなぜ仕事が捗る(あるいは捗る気がする)のかを真剣に考えてみました。
こういった記事は他にも山ほどあると思いますが、自室で再現できるレベルまで落とし込むことを目標にかなり細かく掘っていきます。
ぜひご覧ください。

試験的に今回の導入は会話形式でどうぞ!

スポンサーリンク

【問題提起】 喫茶店に行くと、なぜ仕事・作業が捗るの?



気になる青年
気になる青年

やっぱり喫茶店でする作業は捗るなぁ。
…けど毎日のように喫茶店に行っていると、ちょっとお財布的に厳しいかも。

検証する青年
検証する青年

だったら自室で喫茶店を再現してみたらどうだい?

気になる青年
気になる青年

自室で再現?
そんなことできるのかな?

検証する青年
検証する青年

まずは喫茶店のどんな要素が自分の集中力を高めてくれていると思うか、項目ごとにをあげていってみたらどうだろう。何か見えてくるかもしれない。

 

【状況整理】 喫茶店の環境

五感に関わるところ


[視覚]
①店内も人も清潔
②照明は暖色

[聴覚]
③適度に雑音がある
④BGMは洋楽

[味覚]
⑤飲料を口にしている
⑥自分の好きなモノが食べれる

[嗅覚]
⑦コーヒーの香りが滞留

[触覚]
⑧余所行きの服を着ている

精神的なところ


⑨人目がある
⑩お金がかかる

物理的なところ


⑪スペースが限られている
⑫家の外
⑬私物は持ち込んだものだけ



【見解】五感に関わるところ

ここからは先に挙げた環境1つ1つにツッコミを入れていきます。
併せて自室で再現が可能かどうかも確認。

[視覚]

①店内も人も清潔
空間の清潔さと生産性は密接な関りがあるといわれています。
乱雑とした空間でこそインスピレーションが沸く!という方もいるかと思いますが、やはり図書館・自習室・一般的な会議室などは無駄なものがあまりないイメージです。
こちら自室でも再現可能ですね。


②照明は暖色
暖色(電球色)はクリエイティブなコトを行う際に良い作用があるようです。
言われてみるとアイデアが生まれるタイミングは間接照明でウトウトしている時や、喫茶店にいる時が多い気がします。
我が家の照明は色温度を変えることができるのでこちらも再現可能です。
※照明の色が与える効果を九州大学教授が行った実験結果を交えて解説している記事がありました。

クリエイティブな職場環境と照明色との関係 | 株式会社オズビジョン's Blog
株式会社オズビジョンでインターンシップをしている「たぐち」です。今回で4回目の記事投稿になります!今日、ふと何気なく...



[聴覚]

③適度に雑音がある
ホワイトノイズや70デシベル程度の雑音がある環境の方が、無音の空間よりも集中できるといわれています。
しかし、ぼくの場合に限っては喫茶店にいる時はほぼ必ずイヤホンをしているのでこちらは再現が不要となります。

④BGMは洋楽
これは行く喫茶店によるとは思いますが、大体は洋楽が流れているかなと。
僕も集中したい時や物事を突き詰めて考えたい時は洋楽か、歌詞のないサントラを聞くことが多いです。
日本語の歌詞だと言葉の意味が分かってしまうからか意識を持っていかれるのですが、英語の場合は何を言っているかわからないので(無知をさらしていくスタイル)意識を持っていかれることは殆どないです。
こちらも自宅で再現可能。


[味覚]

⑤飲料を口にしている
メンタリストDaigoさんの放送で得た知識なのですが、水(飲料)を定期的に摂取することで時間経過に伴うIQの低下が抑えられるそうです。
喫茶店に入る際、飲料の注文すると思うのでこれも生産性を保つ1つのファクターなのではないでしょうか。
再現可能ですね。

⑥自分の好きなモノが食べれる
そのお店にある商品に限られますが、喫茶店では自分の意志で好きなモノを購入できます。
喫茶店のお茶請けよりも豊富な蓄えがある方はあまりいらっしゃらないと思うので、実は「多くの選択肢から、今の自分に合ったものをチョイスして口にできる」という環境は喫茶店ならではな気がします。
こちらの再現は結構難しいのですが、とりあえず僕が好きなお菓子たちを買い込んで家に置いておくことにします。
(マシュマロ・カステラ・スコーン・きんつば・麩菓子)


[嗅覚]

⑦コーヒーの香りが滞留
コーヒーの香りを嗅ぐと落ち着く・集中力が上がるということはぼんやり感じていました。
そういう記事をたくさん見た故のプラシーボなのか、それが体に染みついたからなのか定かではありませんが..
ただ「コーヒーの香りが好き」という感情は昔からあったので、好きに包まれているという点で良い作用があるのかもしれません。

少し気になったのでコーヒーの香りがもたらす効能について調べてみました。
どうやら豆の種類でその効能は異なるようです(知らなかった!)

個人的にかなり面白い記事だと感じたのでぜひどうぞ。
※心療内科・精神科の先生が行った研究に基づくものなので信憑性も高そうです。

香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」。 | 全日本コーヒー協会
一般社団法人全日本コーヒー協会の公式サイトです。



[触覚]

⑧余所行きの服を着ている
触覚というカテゴリにするか少し迷ったのですが、ぼくはモノに触った感じや肌に触れた感覚を大事にしたいと思っていたり、その影響は大きいものだと捉えているのでこちらに。

喫茶店は自分だけの空間ではなく共有スペースなので、寝間着のまま出かけることはほぼないと思います。(部屋着と外出着を一緒にすることさえあれど)

また、余所行きの服というのはいわば1軍の服ではないでしょうか。
自分の気に入っている服を身にまとうことで気分が高揚したり、やる気が出たりしませんか?

ぼくは家で本腰を入れて仕事・作業を行う際、必ず外出着に着替えるようにしています。
パリッとした厚い生地や、ふわふわしたシャツの感覚を全身で楽しみながら好きなことに向かい合う時間はとっても気持ちいいです。
こちらは普段通りなので特段意識せずとも再現ができます。




【まとめ】五感に関するところは概ね再現可能、次回は精神的・物理的な内容に関して。


いかがでしたでしょうか。

「自室で喫茶店を再現する!」という心持ちで環境を意識してみると、思いのほか多くの要素が発見できました。

次回は精神的・物理的な内容に関して掘っていこうと思います。

ちなみに…
先々週、テーブルを購入しました。

ACTUS という家具屋さんにて。

行きつけの喫茶店と同じものになります。
床の色味ともいい感じにマッチしているので我ながら良い買い物だったなと。



ではではまた次回。

コメント