【レビュー】Hender Scheme(エンダースキーマ) Pocket S・Pocket M 手触りの良いポーチ ガジェットケース

革製品

先日、噂に名高い Hender SchemePocketシリーズを購入した。
今回はそちらのレビューを。



スポンサーリンク

滑らかな感触。しっとりとした牛革ベロアのポーチ。

手前がPocket S、奥はPocket M。サイズは結構異なる。

実際に手に取ると、その滑らかさに驚く。
今まで触れてきたどのポーチとも異なる質感だ。

素材は牛革のベロア。

使っていくうちに良い具合にクタッとなるようで経年変化が楽しみである。



サイズ感が絶妙。ミニマルポーチとして使える Pocket S

Hender SchemeのPocket S。小ぶりなデザインが可愛い

こちらポーチとしては珍しく 10.8cm x 8.9cm というサイズ感。

必要最低限の小ぶりなアイテムが収納できる。

ちなみにぼくは、3つ折りのメガネふき・リップクリーム・エチケットアイテムを入れている。



Pocket M にガジェットを色々入れてみた

意外と大容量で満足。

早速、普段持ち歩くアイテムを入れてみた。

①iPhone充電器(Owltech)
②モバイルバッテリー(Unigear)
③あぶらとり紙(無印良品)
④android充電器
⑤PC充電器

一番大きいUSBタイプCのPC充電器(右下)も難なく入れることができる。

もう1サイズ上のPocket Lもあるようだが、どのくらいの収容力なのだろうか..

気になる方はスキマ



Pocket S 5,400円(税込み)
Pocket M 8,100円(税込み)

とポーチにしては割高な印象を受けるアイテムだが購入してよかったと満足。

コメント